輸入住宅とはそれぞれの国のスタイルにより印象が違っています

落ち着きのある部屋

輸入住宅の工法と基礎知識

額縁が飾られた部屋

①北欧スタイルのパネル工法について:輸入住宅の北欧スタイルのパネル工法には、一見凄く重みがありながらも、どことなく素朴さが漂っている、とても心が和めるような、優れたデザインの特徴があります。その為日本でも人気が高く、輸入住宅を建てたい人が続出している、魅力的な住居のメリットがあったりします。北欧スタイルのパネル工法とは、ベースは2×4(ツーバイフォー)などと、基本的に全く一緒であります。事前に工場により製造されたパネルを、建築現場へと運んで行き、その場所によってキレイに組み立てて行きます。
②丸太組構法・ポスト&ビームに関して:輸入住宅を建設する際の工法には、ログハウスへとよく使われている、丸太を幾つも積み上げて行く丸太組構法があります。他にも従来工法と同様に、梁や柱などで家屋を上手く支えて行く、ポスト&ビームなどにより組み込んで行く、輸入住宅なども存在しています。※ポスト&ビームとは、別名でティンバーフレームとも呼ばれております。
上記のように輸入住宅のタイプには、その国独自の素晴らしい工法などが幾つも実在します。輸入住宅はそれぞれの国の自然環境へと、ピッタリと合わせて作られている為、工法だけでなく、使用されている部材や外観の模様なども一切異なって来ます。

新着情報

  • きれいな部屋

    輸入住宅のシャンデリアに関して

    輸入住宅の屋内へと、シャンデリアが取り付けられるエリアには、主にリビングや玄関ホールなどが挙げられます。どちらにおいてでも吹き抜けにな…

    »詳しく見る

  • 美しい部屋

    アーリーアメリカン住宅

    今から25年ほど前、私たち夫婦は20代後半で家を持ちました。当時は輸入住宅がちょうど流行り始めた頃でした。そのため、今のように選択肢も…

    »詳しく見る

  • 額縁が飾られた部屋

    輸入住宅の工法と基礎知識

    ①北欧スタイルのパネル工法について:輸入住宅の北欧スタイルのパネル工法には、一見凄く重みがありながらも、どことなく素朴さが漂っている、…

    »詳しく見る